にんにくレシピ!スタミナがつくにんにく牛丼の作り方3選

レシピ

料理の世界は、新しいレシピや食材の組み合わせが日々生まれる舞台です。
特に、牛丼という日本の定番料理にも、多くの変化と進化が見られます。
今回は、そんな牛丼に新たな風味を加える「にんにく牛丼」のレシピをご紹介します。

□定番の味!にんにく牛丼のレシピ

1.基本の材料とその選び方

まず、以下の材料を用意します。

*材料(3人分)

・牛肉薄切り:300グラム
・玉ねぎ:250グラム
・にんにく:2片
・ご飯:300グラム(1人当たり)
・紅ショウガ:適量
・サラダ油:小さじ1
・醤油:大さじ2
・酒:大さじ3
・みりん:大さじ2

すき焼き用の牛肉、玉ねぎ、そしてにんにく。
これらは、にんにく牛丼を作る際の三大要素です。
特に、にんにくは新鮮なものを選ぶことで、料理全体の風味が高まります。
牛肉は薄切りにすることで、短時間で柔らかく仕上がります。

2.調理のポイント

牛肉を炒める際には、最初にしっかりと火を通すことで、肉本来の臭みを消します。
その後、玉ねぎを加え、蓋をして煮ることで、牛肉がより柔らかくなります。
この工程は、料理の成功を左右する重要なステップです。

3.タレの作り方

醤油、酒、みりんを基本の割合で混ぜ合わせます。
このタレに、刻んだにんにくを加えることで、一層風味豊かなにんにく牛丼が完成します。
タレは、余った場合でもご飯にかけて楽しめます。

4.子供も喜ぶ工夫

牛肉を一口大に切ることで、子供でも食べやすくなります。
特に、にんにくの風味が子供たちにも好評で、食べ盛りの時期には特におすすめです。

このように、にんにく牛丼はその名の通り、にんにくが主役の一品です。
また、その周りを固める多くの要素も、この料理を一層引き立てます。

□ごまだれが美味しい!にんにくごまだれ牛丼

1.ごまだれの魔法

ごま油とにんにく、この二つの組み合わせは、何とも言えない深みと風味を牛丼に与えます。
特に、ごま油は独特の香りがあり、それがにんにくと絶妙にマッチします。
このごまだれは、牛丼だけでなく、他の料理にも応用可能です。

2.ごまだれの作り方

材料は、以下の通りです。

*材料(2人分)

・ごはん:400グラム
・牛肉:200グラム
・塩胡椒:少々
・ごま油:大さじ1

*にんにくごまだれを作るための材料

・ごま油:大さじ2分の1
・にんにく:1片
・砂糖:大さじ2分の1
・醤油:大さじ1
・豆板醤:小さじ2分の1
・白すりごま:大さじ1と2分の1
・水:大さじ2

ここからは、作り方を紹介します。

細ねぎは小口切りに、にんにくはみじん切りにします。
また、牛肉は塩こしょうをふっておきます。

フライパンにごま油を入れて熱し、牛肉を入れて中火で肉に火が通るまで炒めて取り出します。
次に、先ほどのフライパンにごま油を入れて熱し、にんにくを入れて弱火で炒め、香りが立ってきたら残りの調味料を加えて混ぜます。

そして、器にごはんを盛り、先ほど炒めた牛肉を盛り付けます。
最後に、にんにくごまだれをかけ、細ねぎをちらしたら完成です。

3.アレンジの自由度

このごまだれは、細ねぎやマヨネーズとも相性が良いです。
細ねぎをトッピングすることで、風味が増し、食感も楽しめます。

4.ごまだれの活用方法

このごまだれは、牛丼以外にも様々な料理で活用できます。
例えば、焼き魚や焼き肉、さらにはサラダにも使えます。
このような多用途性が、ごまだれの魅力の一つです。

このアレンジレシピで、日常の食卓がさらに豊かになることでしょう。
ぜひお試しください。

◻︎贅沢な一品!ステーキ肉を使ったにんにく牛丼

1.ステーキ肉の選び方

ステーキ用の牛肉を使うことで、牛丼は次元が変わります。
ジューシーで柔らかい肉質が、にんにくの風味と相まって絶品です。
選ぶ際は、霜降りがきれいに入ったものを選ぶと、より美味しくなります。

2.材料と調理方法

*材料(1人分)

・ごはん:200グラム
・牛もも肉(ステーキ用):100グラム
・塩こしょう(下味用):ふたつまみ
・サラダ油:小さじ1
・長ねぎ:10センチ
・ごま油:大さじ1
・レモン汁:小さじ1
・鶏ガラスープの素:小さじ2分の1
・すりおろしにんにく:小さじ3分の1
・黒胡椒:ふたつまみ
・塩:ひとつまみ
・かいわれ大根:適量
・糸唐辛子:適量

作り方も確認しておきましょう。

まず、かいわれ大根は根元を切り落としておきます。
また、牛もも肉は30分程度前に冷蔵庫から出し、常温に戻しておきます。
長ねぎはみじん切りにし、牛もも肉は筋を切ります。
その後、塩こしょうをふり、下味をつけます。

タレも作っておきましょう。
耐熱ボウルに長ねぎとタレの材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
ふんわりとラップをし、600Wの電子レンジで1分加熱します。
これでタレが完成です。

タレが完成したら、強火に熱したフライパンにサラダ油を入れ、牛もも肉を両面1分ずつ、焼き色がつくまで焼き火から下ろします。
その後、アルミホイルで包み、3分程置きます。
3分程置いたら、食べやすい大きさに切ります。

最後に、丼にごはんをよそい、盛り付けます。
先ほど作ったタレをかけ、トッピングをのせて完成です。

3.調理のコツ

ステーキ肉は強火で短時間調理するのがポイントです。

ただし、焼きすぎると硬くなってしまうので、焼き加減には注意が必要です。
また、焼き上がり後はアルミホイルで包んで、しばらく置くことで、肉汁が均一になります。

□まとめ

この記事では、にんにく牛丼の3つのバリエーションをご紹介しました。
定番のにんにく牛丼から、ごまだれを使ったアレンジ版、さらにはステーキ肉を使った贅沢な一品まで。
それぞれに独自の風味と特長があり、日常の食卓に新しい風を吹き込むでしょう。
ぜひお試しください。

岡崎屋では、白く大粒で安心安全のおいしいにんにくを取り扱っております。

青森県産の「にんにく」を全国に産地直送!産地直送の新鮮さでお届けします。
是非、美味しいにんにくでお料理を楽しんでください。

にんにく・黒にんにくの通販なら岡崎屋