青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

にんにくの野菜いため

材料
  • にんにく二かけ
  • キャベツ
  • たまねぎ
  • もやし
  • なす
  • ピーマン
  • しょうが少々
  • 赤唐辛子1本
  • しょうゆ
  1. 野菜はそれぞれ食べやすい形に切ります。ニンニクと赤唐辛子は細かく刻み生姜は薄く切ってフライパンで最初に炒めます。
  2. ここに、先に切っておいた野菜をニンジンなど火の通りにくいものから入れて炒めます。
  3. しょう油と酢(ポン酢でもよい)を適当にあわせたタレにつけて食べます。辛いのが好きな人はラー油を加えてもよいでしょう。

焼き餃子

材料(4人分)
  • 豚の挽肉200グラム
  • 白菜大葉3枚
  • ねぎ半本
  • タマネギ半個
  • にんにく2カケ
  • 生姜少々
  • 餃子の皮24枚
  • しょうゆ大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 酒大さじ0.5
  • ゴマ油小さじ2
  1. 白菜は茹でて細かくきざみ、よく水を切ります。ねぎ、たまねぎも細かくきざみ、にんにく、生姜はみじん切りにします。
  2. ボールに豚の挽肉(合い挽きでもよい)を入れ、きざんでおいた野菜類を加え、さらにしょうゆ、砂糖、酒、ごま油を入れ、粘りけがでるまで全体をよくこねる様に混ぜてあんを作ってください。
  3. あんを市販の餃子の皮に枚数分に分けてのせ二つ折りにして周囲にヒダを付けるようにくるみます。
  4. 餃子ができあがったら、フライパンに油を少し入れて熱し、餃子を並べて下側がキツネ色になるまで焼き、さらに湯を少し加えてふたをし、5~10分ほど蒸し焼きにすれば出来上がりです。
  5.                                     
  6. 焼き上がった餃子は、しょうゆ、酢、ラー油を混ぜたタレに付けて食べます。

棒棒鶏(鳥肉のとうがらしゴマあえ)

材料(4人分)
  • ひなどりの肉半羽
  • きゅうり2本
  • にんにく1かけ
  • 生姜少々
  • ネギ半本
  • 赤とうがらし2本
  • しょうゆ大さじ1.5
  • 酢小さじ1
  • ラー油小さじ1
  • すりゴマ大さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 化学調味料少々
  1. ひなどりの肉をたっぷりの湯で十分に茹でます。
  2. キュウリを千切りにして皿にしき、骨を取り千切りにした肉をその上に盛りつけます。
  3. にんにく、生姜、唐辛子、ネギはみじん切りにして深めの器に入れておきます。
  4. そこにしょうゆ、酢、ラー油を混ぜ、すりゴマ、砂糖、調味料を加えてかけ汁を作ります。
  5. このかけ汁を、皿のトリ肉とキュウリの上にまんべんなくかければできあがりです。中国四川省の有名な料理です。かけ汁をかけてそのままいただきます

ガーリックステーキ

牛肉のステーキは炭火で焼く、鉄板で焼く等あり、 味付けも塩コショウだけで食べる物もあれば 秘伝のたれにバターをのせてみたりと多様な食べ方がありますが 肉料理に外せないのが「にんにく」です。 肉の臭みを消し、食欲を大いにそそる香り、そして旨みを増す 最高のスパイス「にんにく」です。 今回はぶ厚い牛サーロインの塊肉に、にんにくの香り風味を 浸透させて焼くにんにくをたっぷりと使ったサーロインステーキのレシピです。
材料
  • 牛肉柔らかい部分の牛肉
  • にんにく特大サイズ3~4片
  • 岩塩適量
  • コショウ適量
  • たれ以前紹介したタレを使います
  1. 牛肉の塊から筋とともに脂身を取ります。それに岩塩とコショウ、もしくはお好みのスパイスを肉になじませておきます。

  2. 先に切り取っておいた脂身でフライパンに脂を十分しみわたせそこにスライスしたにんにくを敷きその上に 牛肉を乗せ牛肉の上にもにんにくスライスをのせ蓋をします。火力は弱火です。これで肉の中までにんにくの風味を移します。

  3.   
  4. にんにくが焦げる前に取りだし牛肉を両面焼きます。

  5. 最後にニンニクとりんごで作った特製たれを入れ軽く焼いて出来上がりです。

  6. スーパーで厚めのステーキを見つけた時は作ってみてください。ぶ厚いサーロインの牛肉で作った柔らかく食べ応えのあるステーキです。

にんにくの芽と豚肉炒め

にんにくの芽とは実際にはにんにくの芽では無く珠芽(しゅが)といわれるにんにくの種を育てるために伸ばす茎の部分です。この茎が伸びてき蕾になってきたら摘み取ります。摘み取らないと珠芽に栄養をとられ土の中のにんにくが大きく育たない為です。この時、摘み取った茎がにんにくの芽といわれる訳ですがお店に並ぶものは中国産の花が咲くタイプのにんにくで真っすぐな上に太さも揃っています。これに対し国産にんにくの代表「福地ホワイト」は花が咲きません。にんにくの芽(茎)も細くひょろっと曲がって短いのです。 今回は花の咲かない福地ホワイト6片種の茎でにんにくの芽の定番料理「豚肉を使ったオイスターソース炒め」 フライパンで炒めるだけなの簡単で美味しい1品です。
材料
  • にんにくの芽2束
  • 豚かしら肉200g
  • もやし150g
  • 塩適量
  • 胡椒適量
  • オイスターソース大さじ1
  1. 使う肉は豚のかしら肉。豚脂があったのでこれをサラダオイル代わりに使います。にんにくの芽は国産のとり立てのため水分が抜けておらず中国産と比べて見劣りしない太さでしたので先にフライパンに入れて軽く1分ほど炒めます。

  2. もやし豚肉を入れて良く炒めます。その後、味付けに塩、コショウ、そしてオイスターソースを入れて軽く炒めて完成です。

  3. にんにくの芽の風味が良いため、カシラ肉の臭みも感じられず簡単で美味しい、にんにくの芽料理です。それにしてもとれ立て新鮮にんにくの芽は食感も風味も抜群に良いです。

Information