青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

にんにく塩手羽


にんにく屋ならではの塩手羽のから揚げレシピです。すりおろしたニンニクに漬けこむ事から強烈なイメージを受けるかもしれませんが食べるとそんな事はなく癖になる美味しさです。一口で噛んだ瞬間にニンニクの風味が一瞬だけ広がりますが、それは一瞬で消えてしまいます。この感じがにんにくに漬けた事により生まれた何ともいえない独特の風味です。コツは漬ける時間と洗うことです。 材料
  • 鶏手羽先4~5本
  • にんにくのすり身手羽先が隠れる程の量(理想)
  • 塩大さじ2
  • 胡椒適量
  • 片栗粉適量
  1. ボールに、にんにくのすり身と塩大さじ2を入れ混ぜ合わせます。

  2. 混ぜ合わせたら少し置いてまた混ぜます。ここでお好みのスパイス、香草などを入れてもよいです。今回は胡椒のみ使用しました。

  3. この塩にんにくの中に手羽先を入れよくなじませます。

  4. 完全に、にんにくで覆い漬けこみます。漬ける時間は手羽先の量にもよると思いますが1時間半~2時間漬けこみます。今回は1時間30分です。これは強烈と思われるかもしれませんが 次の作業で強烈さは無くなります。

  5. 漬けこみが終わったらボールから取り出して水で洗います。にんにくのすり身も全部落とします。 これでにんにくの強烈さは弱まり甘み、風味が生きてきます。味はちゃんと付いているのかと心配されるかもしれませんが程良い塩加減になっています。

  6. 水気を取りビニール袋等で手羽先に片栗粉をまぶし、15分程度ねかせます。

  7. 揚げる温度は少し弱めの160度です。にんにくの糖度が高いせいか焦げやすいようです。3分程度で完成です。


  8. 外はカリカリの中は柔らかジューシーでにんにく香る美味しい 塩手羽のから揚げです。

鶏むね肉の香草焼き

 
鶏むね肉って固くてモソモソしているイメージが有るかもしれませんが焼き方のコツがわかれば、とっても柔らかくてジューシーな香草焼きが出来上がります。しかも、このレシピでは非常に簡単に作れます。一度作れば鶏もも肉よりむね肉の方が好きになるのでは?むね肉は安い上、ヘルシーなお肉でもあります。
材料
  • 鶏むね肉1枚(400g位)
  • にんにく1片
  • ローズマリー軽く大さじ1
  • オレガノ小さじ1
  • 塩小さじ1
  • 胡椒適量
  • 醤油小さじ1
  1. 鶏むね肉は厚みがありますので調理する前に冷蔵庫から出して置きます。そうしないと焼いた時、中心部が生焼けになります。

  2. 定番のビニール袋にむね肉を入れ上記の材料全部、「塩」「胡椒」「にんにく」「ローズマリー」「オレガノ」「しょうゆ」を入れビニール袋の上から揉む様に、良く混ぜ合わせます。

  3. 空気を抜く様にしてビニール袋をしばり30~40分置きます。

  4. ご自宅のオーブンで焼きます。この時、焼き加減の調節があるなら普通で焼きます。時間にすれば20分位でしょうか。【強】で焼くと焼き過ぎてパサパサになりますのでご注意ください。焼き終わったらオーブンのフタを開けずそのまま余熱の有るまま10分位おきます。これがコツです。
  5. 完成。ナイフで切ると中からじゅわっと肉汁があふれでてきます。


  6. 柔らかそうなの伝わりますか?凄くジューシーで柔らかい鶏むね肉の香草焼きの完成です。

Information