青森県田子町から新鮮なにんにく、生にんにく、熟成黒にんにくを産地直送!10,800円以上で全国送料無料!

にんにくの酢漬け

材料
  • にんにく
  1. にんにくは、小片に分けて粒を包んでいる薄皮もはがし、軽く水洗いして水気を切る。
  2. 一度、あく抜きの為1週間ほど酢に漬けます、この酢は捨てるのであまり高い酢じゃなくても結構です。
  3. 1週間ほどしたら、いよいよ漬け込み用の酢(玄米酢、リンゴ酢、米酢等)に漬けます。好みに応じて、はちみつや黒砂糖を入れても良いでしょう。
  4. 1週間位から食べられます。2~3ヶ月もすると、にんにくの匂いも和らぎます。
  5.  
    ポイント
    にんにくの収穫時期・産地によっては漬け込んで、1週間位で酢が青くなるときもありますが、害はありません。時間が経過すると元の色に戻ることもあります。

にんにく酒

材料)
  • にんにく500グラム
  • 日本酒または35度のホワイトリカー1.8リットル
  • 氷砂糖200~250グラム。
  1. にんにくは小片に分けて、粒を包んでいる薄皮もはがし、軽く水洗いします。(早く漬けたい時は2つ割に切る)
  2. つぎに、広口ビンを用意し、そのなかににんにくと酒、氷砂糖を入れ密封する。漬け込んだら、ビンの口を密封しときどき(1週間に1~2回)かき混ぜます。
  3. 1~2ヶ月もたつと辛みや刺激が薄れて甘みがで、1年もするとこくとまろやかさも出てきて、ぐんとおいしくなります。

  4. お酒に弱い方は、適当に薄めたり割ったりして(牛乳やサイダー、レモン水、氷等) お酒に強い方はそのまま飲んで結構ですが、1日にさかずき1~2杯にしておきましょう。

焼き豆腐のにんにくソースがけ

神奈川県相模原市の信田さんの紹介です。
材料
  • 木綿豆腐1丁
  • 衣(小麦粉大さじ5・片栗粉大さじ5)
  • ソース(にんにく3~5片のみじん切り、ごま油大さじ4・塩こしょう
  • 豆板醤小さじ1・砂糖大さじ1・ラー油小さじ1
  1. 木綿豆腐を16等分に切る。(水切り不要)
  2. 衣に1をつけ、多めのサラダ油できつね色になるまで焼く。
  3. ソースの材料を混ぜ合わせる。
  4. 2にソースをかけて出来上がり。

焼き肉のたれ

臭い対策にも。リンゴを使った簡単で美味しい焼き肉のたれ作り方
旧南部藩に伝わる郷土料理と元気一番にんにく料理のレシピ集。特に建設業、営業など外で仕事をする事の多い働き盛りの男性に、おすすめの簡単でワイルドな、男料理の紹介です。市販の焼き肉たれはどれも甘辛いものですが今回紹介する焼き肉のたれは地元青森を代表する野菜「りんご」と「にんにく」をたっぷり使ったタレで 砂糖などの甘味料は一切使わず野菜だけの甘みと辛みでとてもフレッシュであきのこない何にでも使える万能たれです。しかも作り方はとても簡単です。
材料
  • にんにく(特大サイズなら1片 大サイズなら2片)
  • りんご半分
  • 濃口醤油
  1. 最初に、にんにくをすります。 収穫から今日まで外に吊るして置いた自然乾燥にんにくの為、芽が出たにんにくです。 ちなみに自家用ですのでお客様にはこの様なにんにくは届きませんのでご安心ください。 にんにくをする事により、にんにくの有効成分アリインがアリシンに変わりにんにく特有のニオイを 発する訳ですが、このアリシンがりんごに含まれるビタミンB1の吸収を即します。

  2. そのままリンゴをすります。

    後は醤油をおこのみで入れ、かき混ぜれば「りんごとニンニクの生たれ」完成。 濃厚そうに見えますが余計な物は何も足していないので素材の味が非常に良く感じられ フルーティでさっぱりした北国のポン酢とでもいえる秘伝のたれです(実際に酢を足せば にんにくリンゴポン酢の完成) 焼き肉やステーキのたれ又、湯豆腐、冷奴、野菜炒めなど幅広く使える美味しいたれです。

Information