にんにくや店長のニンニク通信
にんにくや店長のニンニク日記とおすすめ地域情報ブログ
last update 2015/10/08 17:37
 HOME  熟成黒にんにく販売  家庭用にんにく商品販売  業務用にんにく商品販売  季節物にんにく商品

にんにく中心の情報

リンク

RSS




 
HOME > にんにく健康料理 > 生にんにくのジュノベーゼパスタで元気に

生にんにくのジュノベーゼパスタで元気に

生にんにくのジュノベーゼパスタ


パスタはご飯、食パンと比べてGI値が低いのですが炭水化物である事に変わりはないので

食べ過ぎには注意したいところ、そこで糖の吸収を穏やかにする食物繊維を含むバジルを

たっぷりと使って作るジュノベーゼソースにインスリンの働きを良くするビタミン、にんにくに含

まれるビタミンB6を使用して作るなど炭水化物を摂る場合は注意して食材の組み合わせを

考え食生活に取り入れていきたいものです。


生にんにくとフレッシュバジル 

【使用食材】

,箸衫て生にんにく

∪献丱献

松の実

ぅ僖襯瓮競鵐繊璽

生にんにくのジュノベーゼ


バジルに多く含まれている栄養素としてβカロテン(ビタミンA) ビタミンKが野菜の中

ではトップクラスの含有量になりますが香味野菜のバジルは一度に沢山食べられる

ものではありません。しかしバジルソースにすれば結構大量に摂る事が出来ます。

バジルも割と簡単に栽培できますので家庭菜園で作ってみるのもいいと思います。

作りすぎたら乾燥させて保存、ジュノベーゼにして保存もできます。

またパスタとにんにくの組み合わせで忘れてはならないのが穀物では唯一デュラム

小麦に多く含まれるビタミンB1の存在です。糖質の代謝に欠かせないビタミンB1は

穀物が主食である日本人としては多く摂りたいビタミンですがそのままでは体に吸収

されにくいビタミンなのですが、にんにくの匂い成分でもあるアリシンと結合すると吸収

力が高まり糖質の代謝が促されエネルギーとして使われる事でスタミナもつき元気に

なります。パスタにニンニクは、そもそも切っても切れない関係ですが栄養的にも

組み合わせの良い食材です。



その他にんにく健康料理はこちらから>>

Powered by Estore

 

カレンダー


おすすめ商品


新着情報