にんにくや店長のニンニク通信
にんにくや店長のニンニク日記とおすすめ地域情報ブログ
last update 2015/10/08 17:38
 HOME  熟成黒にんにく販売  家庭用にんにく商品販売  業務用にんにく商品販売  季節物にんにく商品

にんにく中心の情報

リンク

RSS




 
HOME > にんにく情報まとめ > にんにくを漬けていたら緑色(青)になった

にんにくを漬けていたら緑色(青)になった

にんにくを漬けていたら緑色になった大丈夫?


にんにく酢漬け作り中、数日で青くなっていき、さらにそれは日を追うごとに
濃くなっていき大丈夫なのか?

という経験をされた方は多いと思います。


  1. 確かに緑色に変色したにんにく見ると心配になるかと思いますが、安全面においては
    全く無害で問題ありません。緑色のうちはまだ漬かっていない証拠でもありますので、そのまま
    漬けて緑色から黄金色になるまで気長にじっくりと待ちます。

    にんにくが緑色(青)原因は大きく2つにわかれていて良く云われるのがにんにくに含まれる
    鉄との関係で緑色になる説
サルファイド化合物(臭いや辛味の成分アリシン)が、にんにくに含まれる鉄と結合すると緑色になる

もう一つは当店の「にんにくQ&A」でも紹介している葉緑素の働きで緑色に変色するというもの
にんにくの球も葉の一部という事を考えれば光に反応して変色するといった方がわかりやすいと
思います。

それに、にんにくは冷蔵庫に入れて置いても芽が出てきます。
もちろんその時の芽の色は緑色ですよね、何となく納得しませんか


:にんにくの芽にはジャガイモの様に有害な物質は含まれておりませんので
  安心して食べる事が出来ますがパスタ等、オイルに香を移す料理の場合、芽が
  あると非常に焦げやすいので緑色の芽がある場合は取り除いて使用します。

にんにくの芽














その他にんにく情報まとめはこちらから>>

Powered by Estore

 

カレンダー


おすすめ商品


新着情報