にんにくや店長のニンニク通信
にんにくや店長のニンニク日記とおすすめ地域情報ブログ
last update 2015/10/08 17:38
 HOME  熟成黒にんにく販売  家庭用にんにく商品販売  業務用にんにく商品販売  季節物にんにく商品

にんにく中心の情報

リンク

RSS




 
HOME > にんにく情報まとめ > にんにく酢漬け 【にんにく漬けの基本】

にんにく酢漬け 【にんにく漬けの基本】


にんにく酢漬け  にんにくの保存方法


にんにくの長期保存方法としても有効な「にんにくの酢漬け」作り方も簡単で一度作ると

万能調味料として家庭の常備品となる方が多い「にんにく酢」です。

料理に使えば塩分の量も減らせますし、にんにく自体が健康野菜ですので体にも良い料理、

保存方法です。


土付にんにく


にんにくを作っている農家は酢漬け醤油漬け味噌漬け等、にんにくの漬物
を作る場合、掘りたてのにんにくを主に使います。

理由は2つあり

1つ目は収穫したての生にんにくは非常に傷みやすい為

すぐに乾燥にかけますが
乾燥にかけずに長期保存する方法として酢漬けにするのです。


2つ目はやはり収穫したての生にんにくで作る漬物は食感も味も良く美味しいからです

にんにくの酢漬けは簡単に作る事ができると書きましたが一つだけちょっと面倒な作業が
あります。


にんにくの皮むき


にんにくの皮むきが面倒なのです。
しかも、にんにくは傷つけるとアリシンが発生し素手で剥いていると手がヒリヒリと
痛くなってきますので注意が必要です。


にんにく保存瓶


私は生にんにくの場合、球から分球させた後の1片の皮は剥かずにそのまま
漬けます。ちゃんと漬かるのかと心配される方もいるかもしれませんが大丈夫、
ちゃんと漬かります。

皮ごと漬けるという事は、にんにくを傷つけずに漬けるという
事でもある為、アリシンが発生せず匂いが非常にマイルドに仕上がります。
2〜3か月漬けて瓶の蓋をあけるとその香りの良さがわかると思います。
また食べる時に一片ずつ皮を剥いて食べるのも乙なもので私は好きです。

皮を剥いて漬けたい場合は岡屋に便利な無添加「むきにんにく」という皮を剥いた
商品がございます。剥く手間も無くゴミも出ませんので酢漬け等を作る作業
が大幅に短縮されるためプロ用食材として大変好評を頂いております。


にんにくの酢漬け


にんにくを保存瓶に入れたら瓶一杯ひたひたになるまで酢を
入れます。
使用する酢は米酢を使います。
米酢の方がまろやかで酸味もきつくないのです。


にんにくの酢漬け



半年以上かけて漬け込み辛みを取ります。
その後、甘酢漬けにしたい場合は塩、ざらめ糖、唐辛子を加え、

醤油漬けの場合は
酢を捨て醤油加え、味噌の場合も同様に処理を行いさらに3か月置けば、辛みの
取れた、にんにくの醤油漬け、味噌漬けの完成になります。

にんにくは長期間、漬けこんだ方が辛みも抜け味もしみわたり食べやすくなります。


にんにく漬けに使う保存ビン


にんにくの漬け物を作る際に注意しなければならないのが保存瓶です。

回して開けるタイプの場合、フタの金属部分がコーティングされている物を使います。

金属部分が丸出しの物ですとニンニクに含まれる硫黄化合物の影響で錆びつき

最悪の場合、蓋が開かなくなりますのでご注意ください。


にんにくの酢漬け 1年経過


こちらは最初に紹介したレシピとは違い最初から塩、ザラメ糖を入れて約1年寝かせた
ものになります。最初から甘酢漬けを作ると決まっていればこの方法で大丈夫です。


にんにくの甘酢漬け 唐辛子


皮付で漬ける場合、球のまま豪快に漬ける方法もありますがその場合、口の広い
大きい保存ビンが必要になり一般家庭ですと置き場所も問題もありますので
バラした方が量も入りますし小さい瓶で済みます。


にんにくの甘酢漬け 皮付


天津甘栗の様に殻を割ると中から新鮮なにんにくが現れます。
ツルンと簡単に皮は剥けますよ。また残った、にんにく酢は万能調味料と
なりますので捨てないでお使いください。逆に、にんにく酢の為に作る方も
入るほどです。

その他にんにく情報まとめはこちらから>>

Powered by Estore

 

カレンダー


おすすめ商品


新着情報